損のない任意売却~競売避けて負担バイバイ~

不動産

中古住宅を安く手に入れる

市価より割安な住宅を探す

不動産

住宅を安く手に入れる手段の1つに、競売物件を探すというものがあります。競売物件とは経済的な事情等によって住宅ローンの返済が困難になった人が、一括返済を目的として競売に付した物件のことをいいます。ただ実態としてはオーナーが自ら競売を申し出ることは少なく、債権者である金融機関や保証会社が裁判所に申し立てて強制的に売却するケースがほとんどです。競売物件のメリットは、市価よりもかなり安い価格で購入可能なことです。ただ、競争入札によって購入者を決めるため必ず落札できるとは限りません。また、物件の内覧ができないなど通常の住宅購入に比べて不自由な点もいくつかあります。一方、似たような理由で売りに出されながら、これとは違った特徴を持つ物件もあります。それが任意売却物件です。

任意売却なら低リスク

任意売却とは、競売と同じようにローンの返済が困難になった者が行う住宅処分の方法です。異なるのは、競争入札によらず市中の不動産業者によって売却が行われる点にあります。そのため、買う側にしてみれば任意売却物件であっても一般の中古住宅と同じような手順を経て購入することができるという気軽さがあります。それでいて、早く現金化したいという売主側の都合があることからほとんどの場合、一般の物件に比べると価格が安めに設定されています。また、競売物件に比べると任意売却物件の方が立ち退き拒否等のトラブルが極めて少ないという特徴もあります。こうしたことから近年では住宅市場における任意売却物件の人気は上昇傾向にあり、専門に扱う不動産業者も登場するようになってきています。