損のない任意売却~競売避けて負担バイバイ~

不動産

換金スピードが非常に速い

数日から数週間で取引完了

不動産

不動産売却で大きな問題となるのが、現金化できるまでの長い時間です。不動産取引は一般的に数ヶ月はかかってしまうため、それまで現金を手にすることはできません。また、買主がローンを利用する場合には、ローン特約を付けることが一般的です。もし買主のローンの審査が非承認となった場合には、契約そのものが白紙に戻ってしまいます。白紙に戻ると再び始めから不動産取引をやり直す必要があるため、さらに時間がかかってしまいます。それに対し、すぐに現金化できると注目を集めている不動産取引があります。それは不動産買取です。不動産買取では、数日から数週間で取引が全て完了することが一般的であるため、非常に早く現金化することができるのです。

多くの魅力的なメリット

すぐに現金化できる不動産買取には、換金スピードの速さ以外にも多くのメリットがあります。一般的に不動産取引では、仲介をする不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。それに対し、不動産買取では仲介手数料が不要です。数十万円もの仲介手数料が不要になるため、経済的な負担を大きく抑えることができます。また、不動産買取では、瑕疵担保責任が免責されるメリットもあります。買主が不動産会社などの業者であるため、瑕疵担保責任を負う必要がないのです。また、ローン特約による解約を心配する必要もないため、スムーズに不動産を売却することができます。その他、広告が一切不要である点も、不動産買取のメリットです。近所に不動産の売却を知られたくない方は、不動産買取を検討してみましょう。