損のない任意売却~競売避けて負担バイバイ~

不動産

競売のあり方

競売とは

不動産

不動産の競売とは、大部分が抵当権の実行を行い、不動産競売をするケースが多くあります。これは、借入金を返済せずに、滞納されると、不動産競売にかけられることとなります。それには、期限の利益の喪失を行わなければいけませんので、借り入れ人に対して通知がされることとなります。これらを経て、不動産競売が実行されることとなります。不動産競売については、裁判所に申し出て、行うこととなりますが、自身で行うとなりますと、かなり複雑となります。こうしたことから、弁護士に依頼をし、実行すると良いと思われます。裁判所にて、一定の経路を経て競売されるのですが、早くて3ヶ月は時間を要するとされています。競売後は、配当を受けて、返済金に当てることとなります。

競売を行うには

不動産競売を行うには、やはり弁護士に頼むのが一番安心できます。裁判所としても、弁護士であると、つながりもありますので、書類選考についてもスムーズに通ることとなります。やはり個人となりますと、書類訂正も多々ありますので、なかなか不動産競売の事務が進まないこともあります。通常の期間よりも長く期間を要することとなりますので、気をつけなければいけません。不動産競売専門の弁護士も中にはおられます。このような方については、やはり依頼されるかての数もかなりあり、人気が殺到することもあります。弁護士についても、やはり専門分野がありますので、よく知っておられる方もいれば、そうでもないかてもいます。情報を収集して、不動産競売をスムーズに行いましょう。