損のない任意売却~競売避けて負担バイバイ~

不動産

家の売却で損をしない方法

ローンや任意売却の相談なら、コチラを利用してみましょう。有能なスタッフが親身になって問題解決のためにサポートをしてくれますよ。

競売を避ける方法

不動産

住宅ローンを残したまま、ローンの支払いができない状態が続くと、財産を差し押さえられてしまいます。実際に景気が悪化してから東京都を中心に多くの住宅が差し押さえられています。差し押さえから10か月も経過すると自分の家の競売が始まり、落札されればその家は完全にほかの人の家になります。競売の問題点はあまり高く売却をすることができないため、競売で住宅が売れたとしてもローンが完済されるとは限らず、住宅がなくなった上にローンが残ってしまうこともあるのです。競売を避けるためには任意売却という方法があります。任意売却とは、債務者と債権者、保証会社の3者の合意によって競売前に住宅を任意で売却をしようとする方法です。

そのメリットとは

任意売却のメリットは、競売で競り落とされるよりも高値で売れることが多い点です。高値で売れる場合、債務者としてはローンが完済できる可能性が高くなりますし、債権者としても貸したお金を全額返済してもらうことができるため、両社にメリットがあるのです。任意売却をするメリットはもう一つあり、あくまで強制ではなく任意で行うという点です。自分の意思で売却を決めたということには債務者にとって大きな意味があるのです。任意売却をする場合には、弁護士に相談すると円滑に進めることができます。東京で任意売却を行う場合には、様々な法律事務所があります。東京では日本一法律事務所が多い場所ですので、東京に住んでいるのであれば、気軽に申し出をすることができます。しかも最近は法律事務所も相談は無料で行ってくれるところが多いのです。また、弁護士間の競争が多いので、より安くサービスを受けることが可能です。

新しく家を買い替えるなら不動産売却をしましょう。仲介による販売や買取サービスなど様々な引き渡し方があるので、まずはこちらに相談するべきです。

中古住宅を安く手に入れる

不動産

任意売却とは住宅ローンの返済が困難になったオーナーが任意の方法で住宅を売却することをいいます。この方法によって売りに出される物件が任意売却物件です。任意売却物件は市価より割安であり、しかも競売物件に比べるとトラブルが少ないと言う特徴を持っています。

競売のあり方

不動産

不動産競売は、裁判所に申し出て行うものです。返済金の滞りにより、実行されるものでありますので、返済されていれば、まずは考えなくても良いことです。しかしながら、近年の不況の影響で、いつ起こるかわからない現状とも言えます。

換金スピードが非常に速い

不動産

不動産の取引では、現金化できるまでに長い時間が必要になってきます。それに対し不動産買取では、数日から数週間で全てを完了することができます。非常に換金スピードが速いほか、仲介手数料が不要、瑕疵担保責任の免責、近所に知られずに売却できるなど、不動産買取には多くのメリットがあります。